Windows10PCを無線LANルータとして使用する

忘却録です。

無線LANを使用したい

とある理由で無線LANのルータが使用できなくなりました。代替えとして、なぜか、WiFiの付いているWindows10(サーバ用途に使用)があったので無線LANルータとして使うことにしました。

モバイルホットスポットを使用する

  • [スタートメニュー右クリック] > [設定] > [ネットワークとインターネット] > [モバイルホットスポット]
    • 編集で[SSID]と[パスワード]を指定して、[モバイルホットスポット]を[オン]とする
    • 次回からは、右下の通知領域から[モバイルホットスポット]をクリックして起動する

スマホから接続すると、通常のWiFiスポットと同様に使用できます。

ただ、モバイルホットスポットは以下の欠点があります。

  • 時々、接続の切れることがある
  • PC起動時にモバイルホットスポットを自動起動する方法がない

筆者は、自動起動不可では不便なため、別方法を模索することとしました。

SoftAPを使用する

以下の手順で設定する。

  1. SoftAPを起動する
  2. インターネットに繋がっている、ローカル接続の共有設定をする
  3. WiFiが使用できることを確認する
    • 上記のモバイルホットスポットを停止しておくこと
    • 携帯回線等を無効にしておくこと
  4. batファイルを作成する
  5. タスクマネージャーでbatファイルを設定する

※Windowsの再起動でSoftAPが停止するため(再起動してくれないため)、タスクマネージャーで起動時にSoftAPの起動コマンドを実行する

SoftAPを起動する

以下のコマンドを管理者権限で実行中のコマンドプロンプトから入力することでSoftAPを起動できます。

netsh wlan set hostednetwork mode=allow
netsh wlan set hostednetwork ssid=アクセスポイント名称
netsh wlan set hostednetwork key=パスワード keyusage=persistent
netsh wlan start hostednetwork

※アクセスポイント名称とパスワードを変更する

ローカル接続の共有設定をする

  • [スタートメニュー右クリック] > [設定] > [ネットワークとインターネット] > [状態] > [アダプターのオプションを変更する]
    • [ネットワーク接続]を表示する
    • インターネットに繋がってる[接続]を探す
      • ダブルクリックして[動作状況]の送信/受信バイト数が一番多いもの(多分これ)
    • [インターネットに繋がってる接続を右クリック] > [プロパティ] > [共有] > [ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する(N)]
      • チェックする
      • [ホームネットワーク接続(H)]をSoftAPの接続を選択する
        • [ローカル接続* n]の一番数字が大きいもの
          • 数字が連番のため、一番最後に作成した接続は、一番大きい数字になるはず

※最初うまく行かなかったけど、再起動とか再設定などいろいろしてたら、繋がるようになりました。

batファイルの作成する

netsh wlan set hostednetwork mode=allow
netsh wlan set hostednetwork ssid=アクセスポイント名称
netsh wlan set hostednetwork key=パスワード keyusage=persistent
netsh wlan start hostednetwork

※アクセスポイント名称とパスワードを変更する

タスクマネージャーに設定する

  • 全般
    • ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する
      • パスワードを保存しない
  • トリガー
    • スタートアップ時
  • 操作
    • プログラムの開始
      • batファイルのパス

コメント: 0

コメントを書く