WSFファイルを1ファイルに結合する:wsfpack.wsf

WSFファイルを1ファイルに結合する:wsf2jse.wsfの改造版です。

wsfpack.wsf

WSFファイルを1ファイルに結合する。

wsfファイルのXMLを解析して、1つのwsfファイルに結合して出力するスクリプトです。ファイルを分割すると開発するには便利ですが、実用には不向きなため、1ファイルにまとめます。

説明

cscript wsfpack.wsf /?
1 File conversion tool
使い方 : wsfpack.wsf path

オプション :

path : WSF file path
  • wsfファイル名に「.wsfpack.wsf」を追加したファイルを作成します
    • 既に存在する場合、上書きします
  • scriptタグにsrc属性とtext要素が両方存在する場合、動作を停止ます
  • 外部スクリプトが指定位置に格納されていることが必要です
  • wsfファイルをドラッグ&ドロップすることでも実行できます

ソースコード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-16" standalone="yes" ?>
<package>
  <job>
    <?job error="false" debug="false" ?>
    <runtime>
      <description>1 File conversion tool</description>
      <unnamed name="path"  many="false" required="true"  helpstring="WSF file path" />
    </runtime>
    <script language="JavaScript" src="../common/FileUtility.js" />
    <script language="JavaScript">
//<![CDATA[
/*!
 * wsfpack.wsf v1
 *
 * Copyright (c) 2019 toshi - https://www.bugbugnow.net/p/profile.html
 * Released under the MIT license.
 * see https://opensource.org/licenses/MIT
 */

/**
 * WSFファイルを1ファイルに結合する
 * wsfファイルのXMLを解析して、1つのwsfファイルに出力するスクリプトです。
 * WSFファイルに結合することで、VBScriptに対応します。
 * @requires    module:WScript
 * @requires    module:FileUtility.js(v6+)
 * @auther      toshi(https://www.bugbugnow.net/p/profile.html)
 * @license     MIT License
 * @version     1
 * @see         1 - 初版
 */
(function () {
  "use strict";

  var fs = new ActiveXObject('Scripting.FileSystemObject');
  var sh = new ActiveXObject('WScript.Shell');

  /**
   * PrivateUnderscore.js
   * @version   2
   */
  {
    function _Process_createActiveXObjects(progIDs) {
      for (var i=0; i<progIDs.length; ++i) {
        try {
          return new ActiveXObject(progIDs[i]);
        } catch (e) {
          if (i == progIDs.length - 1) {  throw e;  }
        }
      }
      return null;
    };
    function _Process_createDOMDocument() {
      return _Process_createActiveXObjects([
        'MSXML2.DOMDocument.6.0',
        'MSXML2.DOMDocument.3.0',
        'Msxml2.DOMDocument',
        'Msxml.DOMDocument',
        'Microsoft.XMLDOM']);
    };
    function _Process_getArguments() {
      var arg = [];
      for (var i=0; i<WScript.Arguments.Unnamed.length; i++) {
        arg.push(WScript.Arguments.Unnamed.Item(i));
      }
      return arg;
    };
  }

  function main() {
    // 引数
    var args = _Process_getArguments();
    var path = args[0];

    var fullpath = fs.GetAbsolutePathName(path);
    if (fs.FileExists(fullpath) == false) {
      WScript.Echo('file not found.');
      return -1;
    } else if (fs.GetExtensionName(fullpath).toLowerCase() != 'wsf') {
      WScript.Echo('wsf file not found.');
      return -2;
    } else {
      // ルートディレクトリをパックファイルのパスに設定(相対パス対策)
      sh.CurrentDirectory = fs.GetParentFolderName(fullpath);

      // wsfを読込み
      var text = FileUtility.loadText(fullpath);
      var doc = _Process_createDOMDocument();
      doc.loadXML(text);

      // wsfを解析
      var scripts = doc.selectNodes('//script');
      for (var i=0; i<scripts.length; i++) {
        var src = scripts[i].getAttribute('src');
        if (src == null) {
        } else if (scripts[i].text != '') {
          WScript.Echo('Both "src" and "text" are set.');
          return -3;
        } else {
          scripts[i].text = '\n' + FileUtility.loadText(src) + '\n';
          scripts[i].removeAttribute('src');
        }
      }

      // ファイル出力
      var filename = fs.GetBaseName(fullpath);
      FileUtility.storeText(doc.xml, filename+'.pack.wsf', true, 'utf-16');

      WScript.Echo('complete.');
    }
    return 0;
  }

  main();
})();
//]]>
    </script>
  </job>
</package>

変更履歴

更新日 説明
2019/05/25 v1 - add - 初版

補足

FileUtility.jsが別途必要となります。

結合済みwsfファイル

wsfpack.wsfの結合済みファイルは、下記のリンクから取得してください。

wsfpack.pack.wsf.zip

コメント: 0

コメントを書く