2018-05-31T10:51:44Z

Firefox about:config設定まとめ

Firefox about:config設定の忘却録です。

about:config

基本方針

以下の順序で実施する。

  1. 拡張機能
    • 例え性能が劣化しようとも、拡張機能で対処する。
    • ただし、一部でも実現できない場合は、この範囲ではない。
  2. userChrome.css
    • userContent.cssは使用しない。Stylish/Stylusを使用する。
  3. about:config
    • user.jsに記述する。
      • プロファイルフォルダの直下にuser.jsのファイル名で新規作成する。
      • 文字コードは、UTF-8とする。
      • 可能な限り、コメントで設定内容を記述する。
  4. userChrome.js
    • いつなくなってもおかしくないため、出来るだけ使用しない。

言語

// FirefoxUIの言語(default:)
user_pref('intl.locale.requested', 'ja');

// 補足
// ページの言語設定(navigator.language)は、以下の言語となる。
// ツール > オプション > コンテンツ > 言語 > 言語設定の最上段の言語

ロケーションバー

// URLバーからコピーしたURLをデコードする(default:false)
user_pref('browser.urlbar.decodeURLsOnCopy', true);

タブ

// 現在のタブに関連するリンクを新しいタブで開くとき右隣にタブを置く(default:true)
user_pref('browser.tabs.insertRelatedAfterCurrent', true);

// フルスクリーン時にタブを隠す(default:true)
user_pref('browser.fullscreen.autohide', false);

// テキストフィールド内の中クリックで、クリップボードをペーストする(default:false)
user_pref('middlemouse.paste', true);

// サイト側によるコンテキストメニュー表示設定(default:true)
// 右クリック禁止ページを回避
user_pref('dom.event.contextmenu.enabled', true);

// ウィンドウ移動・サイズ変更を許可しない(default:false)
user_pref("dom.disable_window_move_resize", true);

// コントロールキーを押した状態でホイールを動かした時の操作。(default:3)
// 0:なし/1:通常スクロール/2:ページを進む、戻る/3:ズーム
user_pref('mousewheel.with_control.action', 1);

// AMO (addons.mozilla.org)で拡張を有効にする(default:none)
user_pref('privacy.resistFingerprinting.block_mozAddonManager', true);

プライバシー

// ウェブビーコン無効(default:true)
user_pref('beacon.enabled', false);

高速化

// HTTP/1.1パイプライニングを使用する(default:none)
user_pref('network.http.pipelining', true);

// パイプライニングの最大リクエスト数(default:none)
user_pref('network.http.pipelining.maxrequests', 8);

// サーバ毎の最大接続数(default:none)
user_pref('network.http.max-connections-per-server', 32);

参考

コメントを投稿