小説家になろうをゆっくりに朗読してもらう

投稿日 2018/02/10 更新日 2022/09/11

小説家になろうの小説を誰かに朗読してもらえないかと思いついたので、ゆっくりに朗読してもらった。

なにをやるのか

  1. ブラウザでなろうページを開く
  2. ユーザスクリプトで文章を転送する
    • ユーザスクリプトで棒読みちゃんボタンを設置する
    • 棒読みちゃんボタンクリック時に文章を転送する
  3. ローカルで実行中の棒読みちゃんで朗読する

棒読みちゃんの設定

  1. 棒読みちゃんをインストールする
    • 棒読みちゃん Ver0.1.11.0 Beta21 以上
    • アプリケーション連動を有効にする(初期設定で有効)
    • HTTP連携のポート番号(50080)を変更しない(初期設定で有効)
  2. BouyomiChan-WebSocket-Pluginを導入する
    • Plugin_WebSocket.dllをBouyomiChan.exeと同じフォルダに配置する
  3. 棒読みちゃんをローカル環境で起動しておく

朗読用ユーザスクリプト

なろう棒読みちゃんボタン.user.js// ==UserScript==
// @name        なろう棒読みちゃんボタン
// @description 小説家になろうを棒読みちゃんを使用して朗読する。
//              棒読みちゃんは、 Ver0.1.11.0 Beta21 以降を使用してください。
//              アプリケーション連動(HTTP連携)を有効にしてください。
//              HTTP連携のポート番号(50080)を変更しないでください。
// @match       *://ncode.syosetu.com/*/*
// @match       *://novel18.syosetu.com/*/*
// @author      toshi (https://github.com/k08045kk)
// @license     MIT License | https://opensource.org/licenses/MIT
// @version     9
// @since       1 - 20160210 - 初版
// @since       2 - 20180423 - httpsからhttpへの遷移の記述をコメントアウト状態で追加
// @since       3 - 20180509 - リファクタリング
// @since       4 - 20190226 - 棒読みちゃんへの転送を遅延する(長時間待機後の転送でエラーする)
// @since       5 - 20201218 - 朗読内容を微調整(タイトルなし、強調ルビなし、短編にボタン追加)
// @since       5 - 20201218 - fix 自動朗読が動作していない
// @since       6 - 20210416 - HTTPS対応 + 文章分割を改善
// @since       7 - 20220210 - アプリケーション連動対応
// @since       8 - 20220910 - リファクタリング
// @since       9 - 20220911 - autobouyomichan 対応
// @see         https://www.bugbugnow.net/2018/02/blog-post_10.html
// @grant       none
// ==/UserScript==

(function() {
  if (document.getElementById('novel_honbun') == null) {
    // 対象ページではない時
    return;
  }

  // 棒読みちゃん(アプリケーション連動)
  const sendBouyomiChanAppLinkage = async (text) => {
    let ret = true;
    try {
      text = text.replace(/ /g, ' ');    // 「 」が「+」に変換されて行間が崩れる問題を回避

      const url = new URL('http://localhost:50080/Talk');
      url.searchParams.set('text', text); // 文字列
      url.searchParams.set('voice',  0);  // 声質( 0:デフォルト,  1~8:AquesTalk, 10001~:SAPI5)
      url.searchParams.set('volume',-1);  // 音量(-1:デフォルト,  0~100)
      url.searchParams.set('speed', -1);  // 速度(-1:デフォルト, 50~300)
      url.searchParams.set('tone',  -1);  // 音程(-1:デフォルト, 50~200)
      await fetch(url);
    } catch (e) {
      ret = false;
    }
    return ret;
  };

  // 文章を分割する
  const segmenter = function*(text, segments, max) {
    segments = segments || ['。','、','.',',','\n'];
    max = max || 256;

    const indexs = segments.map(() => 0);
    const len = text.length;
    let slen, next, prev = 0;
    while (prev + max < len) {
      // 区切り文字で分割する
      // 分割不可(最大文字数分の文字列を出力する)
      next = prev + max;
        for (let s=0; s<segments.length; s++) {
        slen = segments[s].length;
        if (indexs[s] === -1) {
          // 区切り文字なし(捜索済み)
          continue;
        } else if (prev < indexs[s]) {
          if (indexs[s]+slen - prev < max) {
            // 区切り文字を範囲内で発見(捜索済み)
            next = indexs[s];
            break;
          } else {
            // 区切り文字を範囲外で発見(捜索済み)
            continue;
          }
        } else if ((indexs[s]=text.indexOf(segments[s], prev)) === -1) {
          // 対象文字なし
          continue;
        } else if (indexs[s]+slen - prev < max) {
          // 区切り文字を範囲内で発見
          next = indexs[s];
          while (true) {
            // 範囲内で最後の区切り文字まで進める
            indexs[s] = text.indexOf(segments[s], next+slen);
            if (indexs[s] === -1) {
              break;
            } else if (indexs[s]+slen - prev < max) {
              next = indexs[s];
            } else {
              break;
            }
          }
          break;
        } else {
          // 区切り文字を範囲外で発見
          continue;
        }
      }

      // 分割文字列を出力する
      if (next + slen <= prev + max) {
        next += slen;
      }
      yield text.substring(prev, next);
      prev = next;
    }
    if (prev < len) {
      yield text.substring(prev, len);
    }
  };

  const onBouyomiChanButton = async function() {
    //console.log('なろう棒読みちゃんボタン'); 

    // 2重クリック防止
    this.disabled = true;
    this.style.color = '#a00';
    this.style.background = '#ccc';

    let text = '';

    // タイトルを追加
    //const title = document.querySelector('.novel_title')?.innerText   // 短編
    //           || document.querySelector('.contents1 > a')?.innerText // 連載
    //           || '';
    //text += title + '。';

    // サブタイトルを追加
    const subtitle = document.querySelector('.novel_subtitle')?.innerText ?? '';
    text += subtitle + '…。';

    // 本文を追加
    // ルビあり文字の原文を削除(ルビあり文字を2重に読み上げるのを回避)
    const novel = document.getElementById('novel_honbun').cloneNode(true);
    novel.querySelectorAll('ruby rp').forEach((rp) => rp.remove());
    novel.querySelectorAll('ruby').forEach((ruby) => {
      const rb = ruby.querySelector('rb');
      const rt = ruby.querySelector('rt');
      if (!rt) {

      } else if (rt.innerText.replace(/[・、]+/g, '') == '') {
        // 傍点ならば、原文を優先する
        rt.remove();
      } else if(rb) {
        rb.remove();
      }
    });
    text += novel.innerText;

    text += "…。\n以上、棒読みちゃんによる朗読でした。";
    text = text.replace(/\r?\n\s*/g, '\n')        // 処理の簡略化
               .replace(/\n\n\n+/g, '\n\n\n')     // 休止符の連続使用を制限
               .replace(/・・・+/g, '・・・')
               .replace(/、、、+/g, '、、、')
               .replace(/。。。+/g, '。。。')
               .replace(/……+/g, '……');

    const segments = ['\n\n','。','?','!','、','」', '】',')','…','・','.','?','!',',','}','\n',' '];
    for (const s of segmenter(text, segments, 256)) {
      if (s.trim() == '') { continue; }

      if (await sendBouyomiChanAppLinkage(s) === false) {
        // アラート出力(通信エラー)
        alert('棒読みちゃんへの送信に失敗しました');
        break;
      }
    }

    this.style.color = '#000';
  };

  // 再生ボタンを配置
  const element = document.querySelector('.contents1')
               || document.querySelector('.novel_title');
  element.innerHTML += `<button id="bouyomichan" style="padding: .25em 1em; background: #0076bf; color: #fff; cursor: pointer; float: right;">棒読みちゃん</button>`;
  document.getElementById('bouyomichan').addEventListener('click', onBouyomiChanButton);

  // 自動朗読
  // URLに ?bouyomichan / ?autobouyomichan を指定するとページ移動で自動朗読する
  const url = new URL(location.href);
  if (url.searchParams.has('bouyomichan')) {
    document.querySelectorAll('#novel_color .novel_bn a').forEach((v) => v.href+='?bouyomichan');
    onBouyomiChanButton.call(document.getElementById('bouyomichan'));
  }
  if (url.searchParams.has('autobouyomichan')) {
    document.querySelectorAll('#novel_color .novel_bn a').forEach((v) => v.href+='?autobouyomichan');
    (async () => {
      await onBouyomiChanButton.call(document.getElementById('bouyomichan'));
      const next = document.querySelectorAll('#novel_color .novel_bn a')[1];
      if (next.innerText == '次へ >>') {
        const id = setInterval(async () => {
          try {
            const response = await fetch('http://localhost:50080/GetTalkTaskCount');
                const json = await response.json();
            if (json.talkTaskCount === 0) {
              window.location.href = next.href;
              clearInterval(id);
            }
          } catch (e) {
            clearInterval(id);
          }
        }, 1000);
      }
    })();
  }
})();

変更履歴

更新日説明
2018/02/10v1 - 初版
2018/04/23v2 - httpsからhttpへの遷移の記述をコメントアウト状態で追加
2018/05/09v3 - リファクタリング
httpsからhttpへの遷移の記述をコメントアウト解除
etc...
2019/02/26v4 - 棒読みちゃんへの転送を遅延する
(長時間待機後に連続で転送するとエラーことがあるため)
2020/12/18v5 - 朗読内容を微調整(タイトルなし、強調ルビなし、短編にボタン追加)
2020/12/18v5 - fix 自動朗読が動作していない
2021/04/16v6 - HTTPS対応 + 文章分割を改善
2022/02/10v7 - アプリケーション連動対応
2022/09/10v8 - リファクタリング
2022/09/11v9 - autobouyomichan 対応

k08045kk/UserScripts/なろう棒読みちゃんボタン - GitHub

補足

自動再生

URL末尾に?bouyomichanを追加すれば、ページ移動で自動的に朗読を開始します。

ただし、朗読の完了を検出できないため、完全な自動化はできていません。棒読みちゃんの API には、朗読中か判定するものがあるため、プラグイン側を変更できれば完全自動なページ移動が可能だと思われます。

連続自動再生

URL末尾に?autobouyomichanを追加すれば、ページ移動を含めて自動的に朗読します。

棒読みちゃんの読み上げタスクがなくなったタイミングで次のページヘ移動します。

他サイトへの対応

青空文庫・カクヨムなどの他ウェブ小説への対応は、時期未定です。必要にかられたら対応します。

個別サイト対応とは違いますが、選択文字列をコンテキストメニューから転送する拡張機能もあります。

コメント