Bloggerのブログに実施したSEO対策

Bloggerのブログに実施した。SEO対策の忘却録。

サイトマップの登録

Google Search Consoleにサイトマップを登録します。

投稿のサイトマップ
https://example.blogspot.com/sitemap.xml

ページのサイトマップ
https://example.blogspot.com/sitemap-pages.xml

投稿とページ以外のサイトマップ

投稿とページ以外のサイトマップは、Bloggerでは準備されていません。そのため、トップページなどのその他のページのサイトマップを送信することはできません。ですが、トップページなどの他ページもインデックスされているようなので明示的に送信する必要は特になさそうです。

他への登録

次のものにも登録しておくと良いでしょう。

robots.txt

Bloggerは、以下のrobots.txtが設定されていたため、明示的に変更する必要があります。

User-agent: Mediapartners-Google
Disallow: 

User-agent: *
Disallow: /search
Allow: /

Sitemap: https://example.blogspot.com/sitemap.xml

問題点

  • User-agent: Mediapartners-Google
    • GoogleAdSenseのクローラーが無効化されます
    • GoogleAdSenseを配置している場合、問題となることがあります
  • Disallow: /search
    • /searchディレクトリの除外
    • 上記を設定してもGoogleは、/searchを登録します
    • コンソールに警告として表示が残るため、除外する必要はないと思われます
  • sitemap-pages.xmlが登録されていない

当サイトのrobots.txt

User-agent: *
Disallow: /b/
Disallow: /view/
Allow: /
Sitemap: https://www.bugbugnow.net/sitemap.xml
Sitemap: https://www.bugbugnow.net/sitemap-pages.xml

/b/は、プレビュー画面のディレクトリである。不要なため、除外する
/view/は、動的ページのディレクトリである。不要なため、除外する

ads.txt

GoogleAdSense広告を設置している場合、ads.txtの設置が必要となります。

参考までに、当サイトのads.txtを以下に示します。

google.com, pub-7747394132802715, DIRECT, f08c47fec0942fa0

上記は、AdSenseのads.txtになります。内容の意味は次の通りです。

  1. google.com:広告配信システムのドメイン名
  2. pub-7747394132802715:筆者のAdSenseアカウントID
  3. DIRECT:関係のタイプ(Googleと筆者の関係)
  4. f08c47fec0942fa0:認証機関(GoogleAdSenseの場合は固定)

AdSenseのads.txtについて詳しくは、自サイトの広告枠の認定販売者を ads.txt で宣言するを参考にして下さい。

OGPへの対応

Bloggerでは、<b:include data='blog' name='all-head-content'/>により、一部のOGPタグに対応しています。ただし、他にも設定できる項目があるため、追加で対応します。

構造化データ対応

構造化データは、HTML文書内へメタデータ(著者、投稿日、更新日、など)を埋め込む方法です。

構造化データには、JSON-LD, microdata, RDFaがあります。当サイトは、JSON-LDで対応しました。JSON-LDの採用理由は、HTMLの構造とデータを分離できるからです。どの方法でも構造化できていれば問題ないため、サイトの状態に合わせて設定すると良いでしょう。

構造化が正常に対応できているかどうかは、Googleの提供する「構造化データ テストツール」を利用することで確認できます。

HTML・CSSのチェックツール

各種ツールでサイトをチェックしてエラーを修正する。人の目で目視するサイトをロボットが同様に認識できるとは限りません。正しい、表記とすることで、ロボットがサイトを正しく認識できるようにします。

高速化

サイトが高速であることは良いことです。特にモバイル環境ではより重要です。SEO対策としてもサイトの高速化は有効です。Googleもサイトの速度がSEOに影響を与えることを認めています。

コメント