-->

Windows10の標準機能で音声を録音・録画する

実現したいこと

Windows上で再生している音声/サウンドをファイルに保存する。
(マイクからの音声ではなく、Windows上で鳴っている音を保存する)

実現例

  • アプリケーションで再生しているサウンドをファイルに保存する
    • 合成音声ソフト/etc...
    • 音声再生に特化しており、音声ファイル作成機能がないソフト
  • Webページから出力される音をファイルに保存する
    • ネットラジオ/動画配信/フラッシュ動画/etc...
    • ストリーミング再生されるが、ダウンロードできないデータ
  • アプリケーションの操作手順を録画する
    • ゲーム/アプリケーションの操作(マウスの動きを含む)

実現

録音/録画には、Windows10標準のボイスレコーダー/ゲームバーを使用する。
ただし、そのままボイスレコーダーを使用してもPCに接続しているマイクの音を録音してしまうため、オーディオ録音デバイスをステレオミキサーに変更して使用する。

音声を録音する

  1. ステレオミキサーをオーディオ録音デバイスの既定に設定する
    1. [コントロールパネル] > [サウンド] > [録音] の画面まで移動する
    2. [右クリック] > [無効なデバイスの表示] を有効にする
    3. [ステレオミキサー] > [右クリック] > [有効] を有効にする
    4. [ステレオミキサー] > [右クリック] > [既定のデバイスとして設定] を有効にする
  2. ボイスレコーダーのマイク設定を有効にする
    1. ボイスレコーダーを起動する(例:スタートメニューから検索する)
    2. [ボイスレコーダー] > [右下の・・・] > [マイク設定] を選択する
    3. [アプリがマイクにアクセスできるようにする] を[オン]に設定する
    4. [マイクにアクセスできる Microsoft Store アプリを選ぶ] > [ボイスレコーダー] を[オン]に設定する
  3. ボイスレコーダーから録音する

※録音済みのデータは、Windows標準[ドキュメント]フォルダ内の[サウンドレコーディング]フォルダに格納されます

動画を録画する(補足)

  1. ステレオミキサーをオーディオ録音デバイスの既定に設定する
    • 音声をマイクから拾う場合は、次の操作は不要です
      • マイクを[既定のデバイスとして設定]のままにしてください
    1. [コントロールパネル] > [サウンド] > [録音] の画面まで移動する
    2. [右クリック] > [無効なデバイスの表示] を有効にする
    3. [ステレオミキサー] > [右クリック] > [有効] を有効にする
    4. [ステレオミキサー] > [右クリック] > [既定のデバイスとして設定] を有効にする
  2. 録画アプリケーションをアクティブにする
  3. [Windows + G]ショートカットでゲームバーを起動する
    • 表示されるバーから録画する

※ゲームバーはWindows10からの新機能です
 ゲーム関係なく、Excel操作の録画などに幅広く使用できます
※録音済みのデータは、Windows標準[ビデオ]フォルダ内の[キャプチャ]フォルダに格納されます

補足

録音/録画が終了したら、ステレオミキサーの既定デバイスの設定は元のマイクに戻しておきましょう。そうしないと、忘れた頃に痛い目に会います。

参考

コメント