EncodeUtility.jsサンプル集

下記ライブラリのサンプル集です。

共通

文字列 → byte配列 → 文字列

「文字列」から「byte配列」へ変換
「byte配列」から「文字列」へ変換

var str = 'あいうえお';
var bin = EncodeUtility.str2bin(str);
var ret = EncodeUtility.bin2str(bin);
WScript.Echo(ret);    // あいうえお

16進数文字列 → byte配列 → 16進数文字列

「16進数文字列」から「byte配列」へ変換
「byte配列」から「16進数文字列」へ変換

var hex = 'ABCDEF0123456789';
var bin = EncodeUtility.hex2bin(hex);
var ret = EncodeUtility.bin2hex(bin);
WScript.Echo(ret);    // abcdef0123456789

文字列 → byte配列 → BASE64文字列

「byte配列」から「BASE64文字列」へ変換

var str = 'あいうえお';
var bin = EncodeUtility.str2bin(str);
var ret = EncodeUtility.bin2base64(bin);
WScript.Echo(ret);    // 44GC44GE44GG44GI44GK

BASE64文字列 → byte配列 → 文字列

「BASE64文字列」から「byte配列」へ変換

var b64 = '44GC44GE44GG44GI44GK';
var bin = EncodeUtility.base642bin(b64);
var ret = EncodeUtility.bin2str(bin);
WScript.Echo(ret);    // あいうえお

ハッシュ関数

MD5

var str = 'あいうえお';
var bin = EncodeUtility.str2bin(str);
var md5 = EncodeUtility.md5(bin);
WScript.Echo(md5);    // 86deb27a32903da70a7b2348fcf36bc3

SHA1

var str = 'あいうえお';
var bin = EncodeUtility.str2bin(str);
var md5 = EncodeUtility.sha1(bin);
WScript.Echo(md5);    // 4ab0856318af20fa77d4492684fb8d9789e00cb6

暗号化・復号(Rijndael暗号)

Rijndael暗号は、米国政府の暗号標準であるAES(Advanced Encryption System)の暗号アルゴリズムに採用された共通鍵(秘密鍵)暗号方式。

暗号化

var key = '鍵';
var val = '値';
var kbin = EncodeUtility.str2bin(key);
var vbin = EncodeUtility.str2bin(val);
var bin = EncodeUtility.encrypt(kbin, vbin);
var ret = EncodeUtility.bin2base64(bin);
WScript.Echo(ret);    // YlLZbc3eEurDniKgJaZe3Q==

復号

decrypt()関数は、nullまたは文字列を返す。
戻り値に文字列が返した場合でも、正常に復号できたことを保証するものではない。
鍵と暗号データの組み合わせが異なれば、正常に復号できない。

var key = '鍵';
var b64 = 'YlLZbc3eEurDniKgJaZe3Q==';
var kbin = EncodeUtility.str2bin(key);
var bbin = EncodeUtility.base642bin(b64);
var bin = EncodeUtility.decrypt(kbin, bbin);
var ret = EncodeUtility.bin2str(bin);
WScript.Echo(ret);    // 値

関連記事

  1. FileUtility.jsサンプル集
  2. EncodeUtility.jsサンプル集

コメント: 0

コメントを書く