GASの1日トリガー実行時間チェッカーを作ってみた

完成品は、「GoogleAppsScriptの1日トリガー実行時間チェッカー」です。

はじめに

GoogleAppsScriptをある程度使用していると、気になるのが自分は後何秒分トリガー実行時間を使えるのかと言う点です。1関数の実行時間は、GoogleAppsScriptダッシュボードの実行数に記載されていますが、全体として何秒実行したかを把握しようとして1日分の実行時間を合計しようとする人はまずいないと思います。

このアプリは、1日分の実行関数の実行時間を合計して表示します。

使い方

  1. 「アプリを認証」ボタンをクリックする
  2. GoogleのOAuth2認証を認証する
    • 認証頂けない場合、アプリは使用できません
  3. 下記のような表示となる
    • すべての読込が完了していない場合、「残りのデータ読込」ボタンを表示する
    • 「残りのデータ読込」ボタンをクリックして残りのデータを読み込む
      • 適度な間隔を開けてクリックすること(自動化できなかった原因がこれ)

GoogleAppsScriptDayRunTime

OAuth2認証について

OAuth2認証は、online accessを要求します。そのため、リフレッシュトークンは発行されません。なので、アクセストークンの有効期限が切れるとアプリはユーザデータへのアクセス権を失います。

アクセストークンの有効期限は、Google次第ですが短時間です。アプリ内部では、30分間アクセストークンを保存します。その後、アクセストークンは、自動的に破棄されます。

補足

時たま、データ取得に失敗することがあるようです。時間をずらして再度試すと成功します。謎です。

コメント: 0

コメントを書く