Windows10標準の仮想デスクトップ機能

はじめに

仮想デスクトップ機能は、Windows10からの新機能です。仮想デスクトップは、MacやLinuxでは既におなじみの機能ですが、ながらくWindowsには搭載されなかった機能です。これまで、VirtuaWinなどのフリーソフトでカバーされていた機能がWindows標準機能として登場しました。

仮想デスクトップ機能は、複数の並行作業毎にウィンドウを管理することができるため、シングルモニタ環境での作業効率アップさせることができます。

ショートカットキー

キー機能
[Windows] + [Ctrl] + [D]仮想デスクトップの追加(+新しいデスクトップへ移動)
[Windows] + [Ctrl] + [F4]仮想デスクトップの削除
[Windows] + [Ctrl] + [→]次の仮想デスクトップへ移動
[Windows] + [Ctrl] + [←]前の仮想デスクトップへ移動
[Windows] + [Ctrl] + [Tab]タスクビューを起動する

タスクビュー

タスクビュー

タスクビューは、「仮想デスクトップ一覧」と「表示中仮想デスクトップ上のウィンドウ一覧」を表示・操作できます。

具体的には、次の操作を実施できます。

  • 仮想デスクトップの追加
  • 仮想デスクトップの削除
  • 仮想デスクトップの名前変更
  • ウィンドウの選択
    • 選択ウィンドウがアクティブになる
  • ウィンドウの左右スナップ
    • ウィンドウを画面の端に合わせて移動
  • ウィンドウの仮想デスクトップ間移動
  • ウィンドウをすべての仮想デスクトップに表示
  • アプリをすべての仮想デスクトップに表示
  • ウィンドウを閉じる

タスクビューを起動する

タスクビューは、次の操作から起動できます。

  • [Windows] + [Ctrl] + [Tab](ショートカットキー)
  • [タスクバー] > [タスクビューボタン]

※タスクビューボタンは、次の操作で表示できます。
 [タスクバーの右クリック] > [タスクビューボタンを表示]

仮想デスクトップの移動

仮想デスクトップは、横一列に並んだ状態で存在します。移動は、左右の移動のみで上下の移動はありません。また、右端と左端をループするように移動することはできません。

例として、4つの仮想デスクトップがある場合、「1→2→3→4」「1←2←3←4」のような移動ができます。ですが、「1→3」「4→1」のような移動はできません。

コメント